2021東京オリンピック講話

2021/08/17(火)に2021東京オリンピック講話を受講しました。

講師には、サガン鳥栖(株式会社サガン・ドリームス)の前田 知洋さん(まえだともひろ)に来ていただきました。前田知洋さんは中学校卒業後、ブラジル・ウルグアイへサッカー留学をされ、サガン鳥栖を初めとする様々なチームでスペイン語通訳として活動されました。その経験を東京オリンピックで生かしてほしいと招集を受け、今回のオリンピックにおいて優勝したカナダに、惜しくもPK戦(準々決勝)で敗れた女子サッカーブラジル代表に通訳としてチーム帯同されていた方です。


今回は、自分の留学経験やサガン鳥栖でトーレス選手の通訳をされていた際の経験、さらに今回のオリンピックでの体験など話していただきました。
世界レベルで活躍されている選手やチームの考え方や行動などを聞くことができ、みやきなでしこクラブの選手は刺激を受けたと思います。
また、午前中に受講したチームビルディング研修とつながる部分もあり、より一層深められたと思います。今回の話を聞いて、みやきなでしこクラブの選手達が将来それぞれの場所で、世界レベルで活躍していってほしいと思います。

前田知洋さん、選手達に貴重な経験をお話していただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました